Menu
Tech

ダイエット中の方、スマートウォッチを使ってみましょう!ダイエットをサポートされるモデルをご紹介!

fitness

Covid-19の影響により、自宅で仕事をし、座りがちで不健康な食事をしていることが多く、体重が10キロ以上増えている人がたくさんいます。

体重が増えることで、ジョギング後の膝の痛みや階段を上った後の呼吸困難などの症状が出てきます。そこで、「このように続けると危ない」と思いがなら、ダイエットを始まっていた人がいます。

ダイエットをしていた方はわかると思います。最初の何週間はすごく辛いです。どのように体を動くでも、何を食べでも、効果が出なくて、悔しいです。

しかし、持続的に体重を減らすためには、特にダイエットに関しては、本当に何かを変える必要があります。ダイエットを成功できるため、多くの人々はスマートウォッチである強力なアシスタントを利用し始まりました。

スマートフォンとスマートウォッチの組み合わせでは、体重を減らすための持続的なサポートを提供されます。では、スマートウォッチはユーザーのダイエットにどのような機能でサポートしてくれますか? 

スマートウォッチの機能

phone

モニタリング、記録する

スマートウォッチは、運動中に体の状態を継続的に記録するウェアラブルデバイスです。モデルに応じて、スマートウォッチは毎日の歩数、心拍数、カロリー消費量、睡眠の質などの情報を記録します。

瞑想やヨガなど、たくさんの運動、トレニンーグでストレスを減らしましょう。

体重を減らしながら、スマートウォッチであなたの体の状態を追跡しています。同時に、カロリー摂取量を、スマートウォッチによって計算された総カロリー数(安静時カロリー+アクティブカロリー)にできるだけ低くなるように調整したほうが効果出ます。対応するアプリをスマートフォンとスマートウォッチにインストールし、睡眠管理などを利用して、十分な睡眠を得ることが可能です。

スマートウォッチのデータはどれくらい正確?

歩数計が実際の歩数を膨らませる可能性があることが研究によって示されているため、スマートウォッチの正確性については多くの議論があります。ただし、ダイエットと運動のデータと言えば、心拍数モニターは最も重要な評価基準となります。心拍数データを偽造することはできません。

ダイエットなら、HUAWEI WATCH FIT 2のサポート!

fit band

HUAWEI WATCH FIT 2には、ランニングや水泳など使用頻度の多い7種類のワークアウトに対して、ウォームアップ動画を音声ガイドが付いています。

運動中に心拍数をモニタリングし、心拍ゾーンを表示するとともに、リアルタイムで音声によるアラートを提供します。ランニングデータ(距離、ペース、リアルタイムの心拍数など)を1kmごとに音声で読み上げ、頼もしいコーチのように、走りながら情報を提供してくれます。

ランニング後にアニメーションのガイドに従って筋肉を伸ばし、リラックスさせることで、パフォーマンスを最大化し、身体への不必要な負担を避けることができます。

また、HUAWEI WATCH FIT 2 は手首に装着するパーソナルトレーナーになってくれます。HUAWEI Healthアプリの過去のランニングデータに基づいてパーソナライズされたトレーニングプランを提案してくれます。ランニング能力指数測定などのスマートな指標は、距離、心拍数、ペースをもとに計測され、自分がどのレベルを目指していけるかがわかります。

最後に、HUAWEI WATCH FIT 2 は長時間の座りすぎを防ぐため、一定時間以上着席していた場合、ストレッチを促します。

ダイエットだけではなく、血中酸素レベル測定、心拍数モニタリング、睡眠モニタリング、ストレスモニタリングなどの機能もHUAWEI WATCH FIT 2から提供しされます。

huawei watch fit 2はあなたのダイエットにサポートでき、コロナの影響により重くなっている体を最高の状態に戻せます。是非試してくださいね!

See also  進化したHuawei band 7は日常生活に欠かせない

No Comments

    Leave a Reply