Menu
Tech

現場作業の効率を向上させたい方におすすめ! 最近流行っているスマートグラスをご紹介!

work

より多くの企業が、製造、ロジスティクス、およびサービスの最前線の労働者のために、プロセスとワークフローをデジタル化するため、拡張現実に目を向けています。ウェアラブルテデバイスは、生産性を維持することの鍵となっています。その中の人気商品はスマートグラスとなります。

「スマートグラス」とは、頭部に装着して使用するメガネ型のウェアラブル端末です。

ユーザーはグラスを顔にかけるだけで、ハンズフリーで必要なデジタル情報を閲覧できます。中には、ディスプレイ表示機能を持たず、オーディオ機器や音声通話用として使うタイプや、スマートフォンと接続してディスプレイに情報を映すタイプもあります。

産業用のスマートグラスは、マニュアルを見ながら作業できるようサポートしたり、倉庫作業で情報をチェックしたりといった用途で利用されています。一般向けのスマートグラスでは動画を視聴したり、スマートフォンのメールを確認したりが可能です。

生産性をあげる秘密

help

倉庫で

倉庫でのピッキング作業でハンズフリーでの情報チェックが多いでしょう。その時にスマートグラスを使っていれば、在庫情報の正確性やピッキング作業の効率性を向上することができます。

 

クライアント先で

クライアント先で機器やマシンの保守を行う際に、現場の作業員を遠隔拠点にいるサポートチームがサポートする形になります。

作業員がスマートグラスを装着して作業を行うと、その映像がリアルタイムで遠隔拠点のパソコンに共有されることを想定されます。遠隔拠点のサポートチームは映像を見ながら、進捗状況を把握し、作業手順などを随時音声やテキストで指示できます。

また、障害が発生した際にも、通常は技術者が現場に行く必要がありますが、遠隔地からの指示で復旧対応が可能になるケースも考えられます。現場に移動のためのコストや時間が削減でき、復旧時間も大幅に短縮できるだろう。

代表的なモデルをご紹介!

HUAWEI Eyewearで生産性の向上が大きく期待できる。

sunglass

HUAWEI Eyewearはパソコン、スマホ、タブレットに2つまでに対応しています。Android/iOS/Mac/Windowsの間に自動切換えることができます。

ワイヤレスセミオープンスピーカーが搭載して、サポートチームと通話しながら、現場対応することができ、リアルタイムで問題を解決することが可能です。

バッテリーが長時間で使えます。連続通話時間は最大4.5 時間となり、半日で現場作業しても問題ないです。

ポケットサイズの充電コンバーターは、簡単に持ち運べますし、Type-Cで簡単に接続することができます。10分間の充電で、最大1時間の通話が可能です。

huawei eyewearを利用すると、現場作業やピッキングの効率を向上させ、仕事も楽に進んでいけます。

See also  進化したHuawei band 7は日常生活に欠かせない

No Comments

    Leave a Reply