Menu
Misc

日本のギャンブルマーケットの概要

日本のギャンブル市場は、競馬や競輪などの公営ギャンブルはもちろんのこと、「パチンコ」「スロット」が日本社会に根強く定着しています。

コロナ禍の外出制限により売上が低迷しているものの、「DK-SIS白書2021年版-2020年データ」によるとパチンコ業界の総売上は「14.66兆円」と公表されています。

これは、世界的に見ても日本にギャンブル市場のポテンシャルが非常に高いことが分かります。

特に、日本の「パチンコ」「スロット」はオンラインカジノ業界でも注目をされており、

日本のパチスロプレーヤー向けに作られたオンラインカジノは特に人気を集めています。

日本のパチプロプレーヤ-は、ただ賞金を稼ぐことが好きなのではなく、

パチスロならではのストーリー性やエンターテイメント性を重視しています。

そこで、日本のパチスロプレーヤーの欲求を満たせるようなエンターテイメント性が

あるほど、日本でオンラインカジノをリリースする際には人気が出る傾向があります。

また、日本のプレーヤーは「おもてなし」を重んじる傾向があります。

例えば、オンラインカジノのチャットサポートでも、単に日本語が通じるだけでなく、

相手の立場に立った丁寧な返答などで、日本のプレーヤーの評価を高くすることができます。

世界基準では当てはまらないかもしれませんが、日本市場では「おもてなし」は必須事項です。

「おもてなし」サービス精神で他社と差別化を図れれば、高い信頼を得ることができて、継続してサービスを受けてくれることでしょう。

日本の巨大なギャンブルマーケット。

総売上14.66兆円にもなる「パチンコ業界」の顧客を取り込むことができれば、

日本市場で大きくコンテンツを拡げていけるのは間違いありません。

最近では、Googleトレンドを見てみると、多くの日本人がオンラインカジノのランキングを検索していることが分かります。

しかし、多くのカジノレビューサイトがありますが、玉砕混合であるのが現状です。

もし、日本市場のオンラインカジノに興味があるならば、プロのヒントが記載されている信頼できるサイトを選ぶ必要があります。

例えば、「CasinoTopsOnline」は海外でも権威性のあるカジノサイトになります。

そして日本では、単純に欧州発コンテンツを日本語訳しただけのオンラインカジノの

横展開ではおそらくヒットすることはないでしょう。

あくまでも、パチスロプレーヤ-にとって魅力的なオンラインカジノとは?

これを理解することができれば、日本市場で爆発的に人気が出るのは間違いがありません。

See also  Bons Casino Review

No Comments

    Leave a Reply